ドライバーヘッドの選び方

 

【ディープフェイス シャローフェイス】

driver-s3

driver-s1

ディープフェイス⇀操作できる反面ミスすると曲がりも大きくなります。上級者が好む理由は強い弾道と制御しやすい特性です。

シャロンフェイス⇀芯を外しても曲がりにくいやさしいと言われているだけあって、ミスしても曲がりにくい構造になっています。

※フェースのソール(クラブヘッドの底)側から、クラウン(ヘッド上部)までの長さが異なります。

形状によっての弾道の比較「ディープフェイス」は、重心が高いためバックスピーンを抑えてたボールを打ちやすくボールの弾道を抑えやすい形状です。

「シャローフェイス」は、重心位置が低いためにボールを高く上げやすい形状ですがバックスピンがかかりやすくなります。

どちらの形状を選択するか?「ディープフェイス」は、スピンを抑えた強いボールが打ちやすい。

「シャローフェイス」は重心を低くいので、ボールは上がりますがスピン量が増えます。(ディープヘッドは、浅重心)(シャローヘッドは、深重心)になります。

 

【フェイスの向き (FA)】

driver-s7

右利きの方は、フェース角 (F A) は、アドレスした時のクラブフェースのターゲットに対する向きで 通常は 0度ですが、

意図的にクラブを、右、または、左を向いているものもあります。

フェースが右を向いていれば フェース角(FA)オープンなクラブで、左を向いているものは、クローズなクラブになります。

特徴としてF A 数値(プラス)が大きいほどフックフェイスでつかまりやすく、FA数値が小さく(マイナス)になっていくほどオープンフェイスになります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です