「キャロウエイ XR PRO フェアウエイ」入荷しました。

 XR

ツアー支給品「キャロウエイ XR PROフェアウエイ14°」「シャフトスピーダ 661 R」

TCシリアル入りです。

xr1 xr2  xr7 xr5  

*商品詳細

 

 

「M1 430 8.5° ドライバーヘッド」入荷しました。

taylor-imM1driver-im

*【最新】ツアー支給品「テ-ラ-メイドM1 430 8.5°ドライバーヘッド」

m430 m4301   m4302 m4304 

*お問合せ下さい。TEL03-4296-5751

詳細は、こちらです。

*下参考画像になります。

m1-1   m1-2

「M1 460 8.5°ドライバーヘッド」入荷しました。

taylor-imM1driver-im

*【最新】ツアー支給品「テ-ラ-メイドM1 460 8.5°ドライバーヘッド」

nm5nm2

詳細についてお問合せ下さい。

*下参考画像になります。

m1-1   m1-2

「テーラーメイド支給品 M1 460ドライバーヘッド」入荷しました。

taylor-imM1driver-im

*【最新】ツアー支給品「テ-ラ-メイド M1 ドライバー」

*M1ドライバーは,素材は、カーボンファイバーとチタニウムを組み合わせたヘッドです。

*R15 ドライバーと同様にドライバーも新開発フロント・トラック・システムにより、さらなるロー・フォワード・シージー設計と幅広い弾道調整が可能になっています。

m12051m12052

「商品詳細は、こちらから」

*下参考画像になります。

m1-1   m1-2

テーラーメイド支給品【ウェッジ選び方】

ゴルフクラブのロフトについて

ゴルフクラブのロフト角とは、ゴルフクラブの長さにとともに、飛距離を決定する数値の一つです。一般的に、ロフト角の数値が小さいほど、ボールを遠くまで飛ばすことができます。

ただし、ヘッドスピードが遅いプレイヤーの場合には、ドライバー、スプーン、ロングアイアンなどでは、ロフト角の数値がある程度大きい方が、ボールを遠くまで飛ばせることもあります。

また、ロフト角はボールの高さを決定する数値でもあります。

ロフト角の数値が大きいほどボールは高く上がります。ゴルフクラブのロフト角とは、シャフトの中心線を含む垂直平面とフェース平面のなす角度です。

このように、シャフトの中心線を含む垂直平面を基準にして計測したロフト角がリアルロフトです。通常、単に「ロフト角」という場合には、「リアルロフト」のことを指します。

リアルロフトの測定方法

リアルロフトを正確に測定するには、「スペック測定機」「ロフト・ライ角調整機」と呼ばれる専用の機器を用います。

ゴルフショップやゴルフ工房にて測定・調整できます。アイアンロフトに誤差がある場合には調整することをお勧めいたします。

最近のアイアンセットは,6本セットで販売されいます。

そこでウェッジの本数などを考えます。こで、ウェッジのロフトの流れ です。

何度のロフトウェッジを 何本にするか 決める必要があります。

4度刻みで 52度56度60度のウェッジにするとか、6度刻みで 52度58度 にされている、クラブセッティングを見ることがあります。

平均4度刻みだと10yの距離の差がでます。

PWのロフトを参考に4度刻みにすることもお勧めします。

またPGAツアー選手の中で、PWを抜いている選手を見かけます。

代わりに47度や49度のウェジを使用してます。

その方法で選択をされれば、ギャップを埋めるクラブ ギャップ・ウェッジ (GW)を入れる必要もなくなります。 

cl3

またウェッジ1°~2°のロフト差であれば、ゴルフ工房でロフト角を調整することをオススメします。ちなみに(SWのロフト角を調整して56度を58度に寝かせると、バウンス角は、2°増えます。)

ra1

ty2

キャロウェイ支給品「ウェッジ選び方」

ロフトについて

ゴルフクラブのロフト角とは、ゴルフクラブの長さにとともに、飛距離を決定する数値の一つです。

一般的に、ロフト角の数値が小さいほど、ボールを遠くまで飛ばすことができます。

また、ロフト角はボールの高さを決定する数値でもあります。

ロフト角の数値が大きいほどボールは高く上がります。

ゴルフクラブのロフト角とは、シャフトの中心線を含む垂直平面とフェース平面のなす角度です。

このように、シャフトの中心線を含む垂直平面を基準にして計測したロフト角がリアルロフトです。

通常、単に「ロフト角」という場合には、「リアルロフト」のことを指します。

 

リアルロフトの測定方法

リアルロフトを正確に測定するには、「スペック測定機」「ロフト・ライ角調整機」と呼ばれる専用の機器を用います。

ゴルフショップやゴルフ工房にて測定・調整できます。アイアンロフトに誤差がある場合には調整することをお勧めいたします。

最近のアイアンセットは,6本セットで販売されいます。そこでウェッジの本数などを考えます。こで、ウェッジのロフトの流れ です。

何度のロフトウェッジを 何本にするか 決める必要があります。

4度刻みで 52度56度60度のウェッジにするとか、6度刻みで 52度58度 にされている、クラブセッティングを見ることがあります。

平均4度刻みだと10yの距離の差がでます。

PWのロフトを参考に4度刻みにすることもお勧めします。

またPGAツアー選手の中で、PWを抜いている選手を見かけます。代わりに47度や49度のウェジを使用してます。

その方法で選択をされれば、ギャップを埋めるクラブ ギャップ・ウェッジ (GW)を入れる必要もなくなります。 

またウェッジ1°~2°のロフト差であれば、ゴルフ工房でロフト角を調整することをオススメします。

ちなみに(SWのロフト角を調整して56度を58度に寝かせると、バウンス角は、2°増えます。)

参考にして自分の理想のウエッジを探してください。

 

キャロウエイ支給品ウエッジの紹介です。

527_01

  ca4

ツアー支給品 【テーラーメイド R15 460】190g

ドライバー飛距離(テーラーメイド R15 460)

R15 ドライバーは新開発フロント・トラック・システムにより、さらなるロー・フォワード・シージー設計と幅広い弾道調整が可能になっている。

最近のテーラーメイドのクラブはSLDRなどをはじめ、劇的な低スピン化をもたらしたロー・フォワード・シージー設計担っており、ロフト角を上げると高弾道になり、低スピンと相まって飛距離アップできる。

また、フェースに搭載されたインバーテッド・コーン・テクノロジーがオフセンターヒット時のボールスピードの低下を軽減し、安定した飛距離を実現させてくれます。

「ドライバー飛距離アップの調整法」

「ドライバーヘッドの選び方」

ツアー支給品 ドライバーヘッド テーラーメイド R15 のご紹介

r4601925

24justin_img-600x468

 

 

ドライバー(テーラーメイド支給品R15 460)191g

ドライバー飛距離(テーラーメイド支給品R15 460)

ツアー支給品テーラーメイド R15 ドライバーは新開発フロント・トラック・システムにより、さらなるロー・フォワード・シージー設計と幅広い弾道調整が可能になっている。

最近のテーラーメイドのクラブはSLDRなどをはじめ、劇的な低スピン化をもたらしたロー・フォワード・シージー設計担っており、ロフト角を上げると高弾道になり、低スピンと相まって飛距離アップできる。

また、フェースに搭載されたインバーテッド・コーン・テクノロジーがオフセンターヒット時のボールスピードの低下を軽減し、安定した飛距離を実現させてくれます。

「ドライバー飛距離アップの調整法」

「ドライバーヘッドの選び方」

ツアー支給品テーラーメイドR15 460

r4601912r4301926

 

12jason_imgimagesWCVF6XRM

 

 

【ツアー支給品 テーラーメイドR15 460】197g

・【 テーラーメイドR15 460】

・R15 ドライバーは新開発フロント・トラック・システムにより、さらなるロー・フォワード・シージー設計と幅広い弾道調整が可能になっている。

最近のテーラーメイドのクラブはSLDRなどをはじめ、劇的な低スピン化をもたらしたロー・フォワード・シージー設計担っており、ロフト角を上げると高弾道になり、低スピンと相まって飛距離アップできる。

また、フェースに搭載されたインバーテッド・コーン・テクノロジーがオフセンターヒット時のボールスピードの低下を軽減し、安定した飛距離を実現させてくれます。

「ドライバー飛距離アップの調整法」

 飛ばす為のシャフトの調整方法の説明です。

「ドライバーヘッドの選び方」

「支給品ドライバーヘッドの一覧 」

r4301942

11406868_10153471157414665_5982814314085586905_n

 

 

【ツアー支給品テーラーメイド 支給品 R15 430)】192g

【ツアー支給品テーラーメイド 支給品 R15 430)】192g

R15 ドライバーは新開発フロント・トラック・システムにより、さらなるロー・フォワード・シージー設計と幅広い弾道調整が可能になっている。最近のテーラーメイドのクラブはSLDRなどをはじめ、劇的な低スピン化をもたらしたロー・フォワード・シージー設計担っており、ロフト角を上げると高弾道になり、低スピンと相まって飛距離アップできる。また、フェースに搭載されたインバーテッド・コーン・テクノロジーがオフセンターヒット時のボールスピードの低下を軽減し、安定した飛距離を実現させてくれます。

「ドライバー飛距離アップの調整法」

「ドライバーヘッドの選び方」

テーラーメイド支給品 R15 ドライバー

r4301923

taygolfworks-tm